h1背景画像

お知らせ

報道発表資料2019年1月30日
KAIZEN PLATFORM
NTTアド

Kaizen Platform とNTTアドが業務・資本提携に合意
~5G時代に向け、パーソナライズされた動画やモバイルのUX提供を目指す~

 株式会社Kaizen Platform(本社:東京都港区、代表取締役:須藤 憲司、以下 Kaizen Platform)と株式会社 エヌ・ティ・ティ・アド(本社:東京都品川区、代表取締役:長谷部 敏治、以下NTTアド)は、NTTグループ内外のデジタルトランスフォーメーション支援に向けたモバイル動画を活用したマーケティングソリューション、モバイルサイトのUXソリューションの提供およびプラットフォーム開発を目的として、NTTアドによるKaizen Platformへの出資並びに戦略的業務提携について合意しました。

 Kaizen Platform は「データを最大限に活用し、人々がその可能性を発揮できる基盤を提供することでインターネット産業全体の成長に貢献する」をビジョンに、企業の事業成長にあわせたデータドリブンなKAIZENチームをクラウド上で提供するプラットフォームサービス「Kaizen Platform」、動画クリエイティブをデータドリブンに分析し、スピーディーに改善していくサービス「Kaizen Ad」を展開し、300社以上(2万以上の事例)に導入されています。

 また、NTTアドはNTTグループのハウスエージェンシーとしてだけでなく、官公庁・一般企業等幅広いお客様の抱えているビジネス課題の解決に向け、マーケティングの側面からトータルコミュニケーションを提供しており、2020年に商用化を控えた大容量データ高速通信を可能にする「5G」時代に向けて、より一層動画を活用した顧客体験を提供できる世界を目指しています。

 今回の業務・資本提携を通じて、両社の強みを掛け合わせ、「one to one」と言われる一人一人にパーソナライズされた動画をスピーディーに大量制作し、それをスムーズに広告運用業務にのせていくためのプラットフォーム環境を整える事で、クリエイティブワークのDX(デジタルトランスフォーメーション)を目指します。

NTTアドとKAIZEN PLATFORMによりCreativeのDXを実現
業務提携の概要
  1. 1. NTTグループ各社へのソリューション提供
  2. 2. 合弁会社設立を視野に、両社の技術・ノウハウを活用した新ビジネスモデルの検討
  3. 3. 両社間の人材交流
資本提携の概要
  1. ・NTTアドは、Kaizen Platformから約5億円の第三者割当増資を引受(本日実施)。
  2. ・Kaizen Platformは株式会社NTTドコモ・ベンチャーズが運用するファンドからも出資を受けています。
(参考)各社概要
会社名 株式会社Kaizen Platform
会社名 株式会社 エヌ・ティ・ティ・アド(英文社名:NTT ADVERTISING, INC.)
お客様、パートナー希望の方お問い合わせ
本件に関する報道機関からのお問い合わせ