h1背景画像

お知らせ

(報道発表資料)

2020年6月12日

  • HANEDA
  • NTTアド
  • 株式会社羽田未来総合研究所
  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・アド

羽田未来総合研究所とNTTアドが実験的店舗
『HARAJU Cross JMC_est』を開業
~原宿と地域を盛り上げるデジタルマーケティングに関する取り組み開始~

株式会社羽田未来総合研究所(本社:東京都大田区、代表取締役社長執行役員:大西洋、以下 羽田未来総研)と株式会社 エヌ・ティ・ティ・アド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:長谷部 敏治、以下NTTアド)は、Withコロナ/Afterコロナを踏まえた地域活性化・インバウンドビジネスに重点をおき、
リアルとバーチャルを連携した新たなマーケティング手法の確立、ならびにデジタルマーケティング分野における今後のサービスモデルの創出を目指し、共同実験を開始します。

1.共同実験の内容

2020年6月に原宿にオープンした商業施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」内に、リアル店舗とバーチャル技術を融合させた「HARAJU Cross JMC_est」を開業。店舗内IoT、タブレット、デジタルサイネージ、スマホアプリ等の各種デジタルソリューションを活用、嗜好・行動・購買動向を分析し、パーソナライズド・マーケティングの高度化をめざします。

また、共同実験の検証を羽田空港のサービス・リテール分野のCX(顧客体験)向上にも反映していく予定です。

NTTアド HARAJU Cross HANEDA

2.羽田未来総合研究所の役割

日本全国各地に眠っている優れた技術・逸品・食材を発掘し、編集・ブランディング(磨き上げ)、発信していく羽田未来総研がJAPAN MASTERY COLLECTION_est(以下、JMC_est)を「HARAJU Cross」で展開します。

JMC_estブランドは、訪日外国人観光客や日本の次世代に「自らの言葉で日本の素晴らしさ、魅力を語っていただきたい」という想いから生まれました。(別紙参照)。全国各地より選りすぐった、ポテンシャルの高い次世代アーティスト達の作品が並ぶセレクト型JAPAN SHOPとしての物販と「二十四節気」をテーマに薬膳料理の基礎である、陰陽五行の食材を用いた食事・スイーツを提供するカフェ・バーを運営いたします。(ビーガン対応のメニューも用意。)

3.NTTアドの役割

NTTアドが所有するショールーミングスペース「HARAJU Cross」を活用して共同実験を展開します。
また、店舗内IoT、タブレット、デジタルサイネージ、スマホアプリ等のNTTグループの各種デジタル
ソリューションを活用し、嗜好・行動・購買動向を分析し、パーソナライズド・マーケティングの高度化を担当します。

(参考)各社概要

【株式会社羽田未来総合研究所】

設立 2018年7月
代表者 代表取締役社長執行役員 大西 洋
URL
所在地 〒144-0041 東京都大田区羽田空港3-3-2 第1旅客ターミナルビル
事業内容 日本空港ビルデングのグループ企業として、HANEDAのナレッジとポテンシャルを活かし、新たなビジネス、価値、未来を創造。地方創生戦略事業、アート&カルチャー戦略事業、情報戦略・事業開発。

【株式会社 エヌ・ティ・ティ・アド】(英文社名:NTT ADVERTISING, INC.)

設立 1985年12月
代表者 代表取締役社長 長谷部 敏治
URL
所在地 〒141-8661東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル
事業内容 NTTグループのハウスエージェンシーとして培ったデジタルコミュニケーション分野での強みを活かし、お客様の課題解決に向けたトータルコミュニケーションを創造。

お客さま、パートナー希望の方からのお問い合わせ

本件に関する報道機関からのお問い合わせ

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日時点のものです。予告なしに変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

(別紙)

〜JAPAN MASTERY COLLECTION_est コンセプト〜

私たちが大切にしているのは、
古来より受け継がれてきた和の心に
現代のエッセンスをプラスし、新しいの未来を
創造するということ。
「est」には設立する、存在するという意味があり、
「 _ 」(アンダーバー)は、この文字の前に何かあったことを
意味します。
そして「_est」とは、この時世を乗り越えて
新しい時代を創る、新しい時代を代表する存在となる。
そのような強い意志を込めています。