調査・研究/発行物

先事新聞 vol.18

今月のkey word 「安心を買う!コンシェルジュ・ビジネス」
「安心を買う!コンシェルジュ・ビジネス」 今月のキーワード
■安心を買う!コンシェルジュ・ビジネス

近年、商品・サービスの均質化や高度化、多様化等が進んでおり、銘柄の選択が自分一人ではなかなか難しくなってきている。専門家によるリコメンデーションや口コミによる情報流通が活発化している所以である。支出が高額であればあるほど、「サーチ行動」に費やす時間と労力は増える。

こんな時代だからこそ、我々の購買意思決定を支援してくれる「コンシェルジュ型サービス」がサキゴトのようだ。

念のために確認すると「コンシェルジュ(concierge、仏)」とは、元々「建物の門番」の意味で使われ、その後「ホテルの総合的対応者」に意味拡張し、今日では、百貨店や交通機関、病院等さまざまな業態において導入が進んでいる、ある種のメタ・サービスのことである。

グラフ:情報が多すぎて苦労している度合い

この種のサービスの受容性を確認するために、当社オリジナル調査のデータ*で、「情報が多すぎて苦労している度合い」を性年代別に見てみた。総じて、男性に比して女性で高く、平均で10pt以上の差があり、女性のニーズが高そうである(男性平均42.3%、女性平均55.6%)。

目立ったところでは20~40代男性で40%前後と低い値を示しており、さまざまなメディアからの情報を取捨選択し、「情報武装」している様子が想像できる。ただし、男性の中でも、なぜか10代のみ突出して50%以上と高く、昨年度からも10pt程度上げており、かなりお困りのようだ。他方、同じ10代でも女性は低い。「優しい反面、やや頼りない男の子に対して、女の子は元気」といった、メディアでよく見るステレオタイプ的イメージを支持する格好となっている。

また、「専門家や有識者の意見を参考にしたいか」との質問では、性年代であまりバラツキがなく、6割程度がイエスと答えている。やはり高度なリテラシーを有する人物に対する信頼や期待は大きいようだ。

その他、同調査では、「周囲の意見を参考にすることが多い」「外出先でお店情報や乗換情報などを入手したい」「自動送信されてくるお勧め情報をよく参考にする」といったデータもあるので、ご興味のある方は編集担当までご連絡を。

ともあれ、今回の先事新聞も、マーケッターの皆さんのプチ・コンシェルジュとなれたら、スタッフ一同幸甚の至りである。

*NTTアド自主調査「デジタルコミュニケーションライフ調査2009(デジコム調査2009)」

<調査概要>・調査方法:郵送法・調査地域:東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、福岡の6エリア

・調査対象:15~65歳個人男女・有効サンプル数:5,310名・調査時期:2009年10~11月

↑このページの先頭へ

安心を買う!
コンシェルジュ・ビジネス
■ただ、便利なだけじゃない

便利な総合案内役として、今やさまざまな場面で登場する「コンシェルジュ」。ホテルはもちろん、マンションも銀座の街にも、携帯電話の中でも活躍している。このワードのいいところは、そこにホスピタリティが感じられるところだ。画一的なマニュアル対応とは違って、個人的でちょっと難しい要望にも、一緒に考えて最善の方法を導き出してくれそうな気がする。特に最近では、ちょっと迷ったり、プロに相談したくなったりする分野まで、コンシェルジュ・ビジネスは広がりを見せているようだ。

■安心も…おこづかいで買える

たとえば、ファッション。おしゃれをしたくても何をどう組み合わせたらいいかわからない。もちろん芸能人でもなければプロのスタイリストにお願いすることなんてあり得ない。勇気を出して新しいファッションにチャレンジしても「本当にこれでいいの?」「おかしくない?」と不安がつきまとう。そんなとき「プロのコーディネート」という裏づけがあれば安心できる。ちょっとプロの助けを借りて安心を買うのが、今どきのコンシェルジュ・ビジネス。自分では見つけられなかった解答やヒントがそこには潜んでいるようだ。

プロが代わりにやってくれる!代行
■ファッションコーディネート買い物代行サービス

テレビ番組でよくある変身企画を手軽に体験できるようなサービス。「自分に似合うファッションを見つけたい」「プロのセンスを学びたい」とおしゃれに積極的な若者から「なんとなくファッションに自信がない」サラリーマンまで、お手頃な価格でプロのスタイリストがいつもと違う自分探しを手伝ってくれる。

ルックアップ(ファッションコーディネート買物代行サービス)
http://www.lookup-fun.jp/
ライフブランディング(男性専門パーソナルスタイリスト)
http://www.ones-style.jp/
ドレススタイル(メンズファッションコーディネートサービス)
http://dre-st.com/
■プレゼント選びお助けサイト

プレゼント選びはいざとなると難しい。そんなとき、誰かに助けてもらいたいというニーズに応え、プロのアイディアでプレゼント選びの悩みを解決してくれる。

ぷれDO(プレゼント選びお助けサイト)
http://predo.zakura.jp/momoweb2/
ぷれなび(プレゼント選び専門サイト)
http://www.pnavi.jp/index.html
プロに教えてもらおう!指南
■いいママ、いいパパになるための塾

今どきの夫婦は、いいママ、いいパパになるための勉強にも余念がない。母親・父親としての心構えややるべきことから、困ったときの対処法まで、気軽にできるインターネットのサイトなどを通して、子育てのプロからの指南があれば

こそだてPapa Style(男の育児基礎講座)
http://www.kosodate.co.jp/ikuji/index.html
母親塾 優しいママ(母親力アップを目指す)
http://www.geocities.jp/hahaoyajuku_yasasiimama/
■ワンコイン法律相談

結婚、離婚、相続、近隣トラブルなど、ちょっと専門家の意見が聞きたいけれど、法律事務所に行くのは荷が重い。そんなニーズに応え、1回500円でメールにて法律相談が気軽にできるサービスを提供する法律事務所が登場している。

MAEDA YASUYUKI法律事務所(ワンコイン法律相談)
http://www.maedalo.jp/500.html
プロに診てもらおう!診断
■適職診断

深層心理クイズに答えて、自分の性格に合った職業は何かを探っていく診断モノ。改めて自分のやりたいことに気づかされたり、自分自身では思いつかなかった職業のアイディア をもらったり、気軽に試せるわりに心への影響は大きいかもしれない。

人材発見会社ヒューマンリソシア(適職診断ツール)
http://resocia.jp/diagnosis/
資格と仕事.net(適職診断)
http://www.shikakutoshigoto.net/article/shindan/
適職診断テスト(キャリア・コンサルタントによる研究サイト)
http://www.sinritest.com/occhome.htm
■ワンコイン健診

忙しい日々の中で、体のことは気になっていても病院で健康診断を受けるのは意外に大変だ。そんなときに、気軽に立ち寄って、気になるところだけ「ワンコイン(500円)」で診てもらうことができる健康診断のサービスが最近あちこちに登場している。

ケアプロ(1分血液検査)
http://carepro.co.jp/
 「ワンコイン健診」体験レポート
1. 受付
予約なしで、その場で受けたい検査を選び、支払いを済ませた後に診断カードを記入。保険証はもちろん、氏名などの個人情報もいらない。
2. 採血
採血の手順の説明を受け、消毒した指先に自分で針を刺す。その後は、看護師の店長さんが検査試薬で吸引し、あっという間に採血完了。すぐに検査キットへ。
3. 身長・体重・血圧・BMI・骨密度
血液検査以外にも、メタボリック症候群などが気になる方は、身長・体重・血圧・BMI・骨密度なども続けて検査できる。
4. すぐに検査結果
8項目すべて検査しても10分足らずで終了。終わると1~2分で検査結果用紙が手渡される。
5. 携帯にも配信
検査結果は携帯にも配信可能。忙しいときには検査だけして、結果はメールでチェック。

 浅井 裕美 (あさい・ゆみ)氏

浅井 裕美 (あさい・ゆみ)氏
中野ブロードウェイ店 店長
看護師・保健師

東京大学医学部付属病院総合内科に勤務後、現在のワンコイン健診の店長として、気軽にできる血液検査とその結果に対するアドバイスを実施している。

ケアプロ株式会社 http://carepro.co.jp/
ちょっと立ち寄り、ちゃんと健康を応援する

2008年11月に中野ブロードウェイに開設した「ケアプロ1分血液検査」は日本ではじめてのワンコイン健診ショップとして話題を集めている。「血糖値」「総コレステロール」「中性脂肪」「身長・体重・血圧・BMI・骨密度」は各検査500円/回(全4検査で1,500円/回)。「お昼休みのサラリーマンや主婦仲間、学生さんなど利用者はさまざまです。これをきっかけに生活改善に努めて定期的に通われる方も多いですね」(浅井さん)。出張サービスも含めると、現在までの利用者はのべ1万人にのぼる。

※このコンテンツはNTTアドの情報紙『先事新聞』第18号(2010年2月発行)からの転載です。
 発行時から内容/見解/肩書などに変更のある可能性がございますので予めご了承下さい。
※掲載されている会社名、商品名、サービス名は各社の商標、または登録商標です。

↑このページの先頭へ