調査・研究/発行物

コラム「本当に効く広報対応術」

ニュース価値を把握すれば記事露出が向上する

佐藤 浩清(さとう ひろきよ) トラス プランニング代表
PRコンサルタント。元民放テレビ局記者。IT企業、金融機関の広報マネージャー職を経て、独立。IT企業等をクライアントに持つPRコンサルティング会社「トラス プランニング」代表。

INDEX >>

■メディアリレーションの目的は情報発信ではなく情報収集
■ニュース価値の高い情報発信で記者の信頼を得る

■Check Point


■メディアリレーションの目的は情報発信ではなく情報収集

リリースと記事の比較で「ニュース価値」を見抜くセンスを磨こう
リリースと記事の比較で「ニュース価値」を見抜くセンスを磨こう
 記事になる情報とは、影響度が高く、まだ誰も知らない(スクープの対象になる)社会的価値の高い内容です。メディアリレーション活動の第一の目的は、メディアとのコミュニケーションによって、さまざまなメディアの記事傾向やトレンドを把握し、自社が発信する情報に反映させることです。ビジネスの成功には関係者同士の利害一致が欠かせませんが、広報活動も企業側の「これを書いてもらいたい」という狙いとメディアの「これを書きたい、報じたい」という考えが結びついて記事になるのです。記者を経て広報担当になった私の経験上、ニュース価値のないネタを人間関係だけで記事にしたことはないですし、書いてもらったこともありません。あえてビジネスライクに振る舞う必要はありませんが、親しくともお互いの立場を理解した上で信頼関係を築くことが大切です。

↑このページの先頭へ


■ニュース価値の高い情報発信で記者の信頼を得る

 マスメディアの役割は、日々起こる多くの出来事の中からニュース価値の高いもの(社会に伝えるべき情報)を判断して取材し、社会に正確に報じることです。編集部には多量のリリースや取材依頼が届き、それら個々のニュース価値を判断して絞り込み、取材対象を決めます。とにかく何でもリリースするという方針の企業もありますが、自分たちでニュース価値を判断しない独りよがりな情報発信は(全くしないよりはマシですが)紙の無駄になる可能性が高いのです。広報担当者に公正で第三者的な視点が必要とされるのはそのためです。ニュース価値の高い情報提供を継続している広報を、メディアは信頼します。
 注目されている情報、記者が追いたい情報は何なのか。ニュース価値を見抜くにはメディアの視点を知る必要があります。企業広報にすすめている方法をご紹介しましょう。企業のプレスリリースはネット上でリアルタイムに見られます。経済紙のサイトなどにはその日に発信されたリリースが一覧になっています。その中から、メディアに掲載されそうなものを選択し、実際に掲載された記事と比較します。新聞、テレビ、雑誌、ネットごとに取り上げるリリースの傾向に違いもあり、一般紙と経済紙での相違も浮き彫りになるでしょう。しばらく続けて傾向がつかめるようになったら、次にリリースをもとに記事原稿を書いてみます(Check Point欄に続く)。
 メディアリレーションや記事チェックによって把握したニュース価値をもとに、広報担当者が価値ある社内ネタを探し出し、分かりやすく加工して情報提供することによってメディアに理解され、自社の露出アップが図れるのです。

↑このページの先頭へ

■Check Point
(1)他社のリリースと該当する記事を読む
(2)媒体の種類や媒体社ごとの傾向や特性をつかむ
(3)自社や他社のリリースから記事原稿を作成し、メディアの記事と比較してみる

 (2)のレベルを達成したら、自ら記事を書いてみる((3)の段階)。きちんとした原稿でなくても内容が分かるメモをつくり、メディアの記事と比べるとよい。リリースになかった表現や説明/背景は何か、業界や他社との比較や思わぬ切り口など、記事の取り上げ方の傾向が分かる。
 また、多くのリリースを見ることで、原稿になりやすいリリースの書き方が理解できるようになる。広報の基本である朝夕の記事チェックに加え、一次情報(発信情報)も調べてニュース価値の判断力を養うのがポイント。自社の都合ではなく、第三者的視点でニュース価値を判断し、同時に分かりやすい情報提供やリリースづくりを心がけたい。
このコンテンツはNTTアドのPR誌『目黒発』第11号(2007年7月発行)からの転載です。
発行時から内容/見解/肩書などに変更のある可能性がございますので予めご了承下さい。

↑このページの先頭へ