CSR

環境方針

NTTアドグループでは、「NTTグループCSR憲章」に則り、環境負荷の低減、情報セキュリティの確保に重点的に取り組んでいます。

基本方針

NTTアドグループは、人類が自然と調和し、未来にわたり持続可能な発展を実現するため、全ての企業活動において、地球環境の保全に向けた最大限の努力と環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。

活動方針

NTTアドグループは、広告宣伝、書籍出版及びこれに関連する事業を展開するうえにおいて、デジタル・ICT技術の活用と自らの事業活動の改善に取り組むことにより、社会全体の環境負荷低減を図るとともに、地球環境との調和型企業を目指します。

  1. 環境負荷低減型社会の実現に向け、事業活動、製品及びサービスが地球環境に与える影響を把握し、特に以下の項目に関して環境目的、目標を設定し見直す枠組みとします。
    • (1)デジタル・ICT技術を活用し、環境負荷低減に配慮した各種広告・イベント・SPツール等の提案(エコ提案)、書籍制作を推進します。
    • (2)エコ提案施策を支援するための社内情報共有を推進します。
    • (3)環境ボランティア活動を推進します。
  2. デジタル・ICT技術を活用した働き方改革や業務効率化による省資源・省エネルギーを推進します。
  3. 環境関連法規、条例及びその他の要求事項を順守し、可能な範囲で自主基準を定め、一層の環境保全に取り組みます。
  4. 全社員(役員及び全ての従業員)等に対し、環境教育を実施し、環境に関する意識向上を図ります。

以上の環境方針は、全社員及び当社のために働く人々に周知するとともに社外に開示します。

2016年10月1日

株式会社エヌ・ティ・ティ・アド
代表取締役社長  長谷部 敏治

エヌ・ティ・ティ出版株式会社
代表取締役社長  長谷部 敏治

日本コンピュータ・アーツ株式会社
代表取締役社長  長谷部 敏治

つなぐ。それは、ECO