CSR

環境

WWFの取り組み~クリエイティブを通じた地球環境保全への貢献~

NTTアドでは、広告制作のスキルやノウハウを活用した地球環境保全に取り組んでいます。
具体的には、世界最大の環境保全団体であるWWF(注)のポリシーや活動内容に賛同する社内外のクリエイターが中心となって、WWFの広告をプロデュース。「いい広告をつくる」ことで、社会や人々の注目を集め、地球環境への意識を高めようとしています。また、この広告が広告専門誌や各種の広告賞に取りあげられることにより、広告業界内においてその輪を広げようとしています。
なお、この広告プロデュースについて、アーティストやクリエイターのギャランティは一切発生しておらず、完全なボランティアです。 NTTアドは、今後も“クリエイティビィティ”という自社の財産を環境活動につなげる新しいCSRを実現し続けていきます。

(注)WWF(世界自然保護基金):世界約100カ国に拠点をもつ世界最大の環境保全団体。地球温暖化防止や野生生物保護など、地球規模で環境保全活動に取り組んでいます。

OOH広告第一弾シリーズ

企画制作:
NTTアド+HOT LINE
CD+C:
小室市太郎(2009年度TCC賞 新人賞受賞)
AD:
豊島幹夫
P:
本城直季
PL:
五月女孝一

OOH広告第二弾シリーズ

企画制作:
NTTアド+HOT LINE
CD+C:
小室市太郎
AD:
豊島幹夫
PL:
五月女孝一